SSLエラーが表示されページが開きません

SSLとは、インターネット上で情報を暗号化して送受信する通信手段のことです。SSLを使用することによって、盗聴や情報の改ざんなどを防止し、インターネット上で安全に個人情報を送受信することができます。
SSLエラーによりページが開けない場合は、下記をご確認ください。

  • ※ご使用のブラウザがSSLをサポートしていることが前提となります。
  1. ブラウザの設定で、SSLが「有効」になっているかご確認ください。「有効」に設定されていないとページに接続できません。(初期設定ではSSLは有効になっています。)
  2. 社内LAN・イントラネットなどが接続される場合、そのLANの外部ネットワークへの接続機能(ルータ、ファイアウォール、プロキシサーバーなど)がSSLによる接続が可能に設定されている必要があります。設定の詳細は、所属のLANのネットワーク管理者にご確認ください。